カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

和紙 紙商品 木版画 張り子 布商品 洋服 ショール ちりめん細工 バッグ アクセサリー   ヘッダー迎春   

送料:全国一律540円

(商品代金10,800円以上のお買上げで送料無料)   

         ご注文日を含め3営業日以内に商品を発送いたします。                   

霜始降

霜始降(しもはじめてふる)

七十二候の10月23日〜10月27日頃にあたり、

霜が降り始めるといった意味。

二十四節季の霜降の初候にあたります。

蟋蟀在戸

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

七十二候の10月18日〜10月22日頃にあたり、

こおろぎが戸の辺りで鳴く頃になったといった意味。

二十四節季の寒霜の初末候あたります。

菊花開

菊花開(きくかひらく)

七十二候の10月13日〜10月17日頃にあたり、

菊の花が咲く頃になったといった意味。季節は晩秋。

二十四節季の寒霜の次候にあたります。

鴻雁来

鴻雁来(こうがんきたる)

七十二候の10月8日〜10月12日頃にあたり、

雁がやって来る頃になったといった意味。

二十四節季の寒霜の初候にあたります。

水始涸

水始涸(みずはじめてかるる)

七十二候の10月3日〜10月7日頃にあたり、

稲も収穫の時に入り、田んぼの水を落とし、干し始めると

いった意味。二十四節季の秋分の末候にあたります。

蟄虫坏戸

ちっちゅうこをはいす または むしかくれてとをふさぐ

9月28日〜10月2日頃にあたり、「虫が土中に掘った穴をふさぐ=虫が地中に隠れる」といった意味。

次第に秋も深まってきますね!

雷乃収声

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

七十二候の一つで9月23日〜27日頃にあたります。

このころになると「雷が鳴り響かなくなる」といった意味です。

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方法の一つです。二十四節気をさらに三等分し、時候の様子を表したもので、約五日ごとの細かい区切りになっています。

日本の七十二候は、日本の気候風土に合うように、何度か変更されています。

時折、書き込んでいきますので、日本の季節を楽しんでください。

ページトップへ